読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空陸両性類マイラーは空を飛びたい✈

空を飛んでもプラチナになりきれないプチ出張族が陸マイラーとなってANAのSFC会員を目指すブログです

SFC会員を目指すことになったきっかけ ~まずはじめに~

久々の出会い

きっかけは、2016年9月中旬、オーストラリアはシドニーへの海外出張の際、地元の空港ラウンジで羽田への出発便を待っていたときのこと。

家の近くのバス停からのんびりバスに揺られながら空港へ来た。

 

残念ながら地元の空港にはANAラウンジは存在せず、ゴールドカード会員用の空港ラウンジしかない。

そもそもANAプラチナ会員でもなかったし、その日はプレミアムシートを利用するわけでもなかったので、ANAラウンジがあっても、入れなかったわけですが。

 

空港ラウンジにつくと声をかけられた。

 

大学卒業して以来、会えていなかった部活の先輩だ。

久しぶりの再会に、昔話にしばし花が咲く。

明日東京で試験があるとのこと。

ぜひ頑張ってください、とお伝えしたところ、腕時計を忘れた、と、ちろっと腕を見られる→えw

必ず試験受かってくださいね、と念を押してお貸しする。

貸さなくて落ちられたら嫌ですもんね。

こちらは海外出張とはいえ、スマホもあるし、まぁ、えっかと。

 

その先輩は今回、東京までプレミアムシートであったが、

食べないので降機時にお礼替わりにプレミアム御膳(機内弁当)をいただいた。

その時にいわれたのである。

シドニーか。SFC会員、那覇往復とか、ちょっと頑張れば届くんじゃないか?」

 

その時はピンとこなかったが、シドニーについたあと、少し調べてみた。

SFC会員とはスーパーフライヤーズカード(SFC)会員というANAのプレミアムメンバーサービスのこと。

プレミアムポイントが関係しており、5万ポイント貯めるとなれること。

シドニーはアジア・オセアニア路線で路線倍率が1.5倍でつき、距離も長いのでプレミアムポイントがたくさんもらえること。

那覇は国内路線で路線倍率が2倍つき、国内では距離が長いので、修行僧ご愛用の路線であること。

 

自分はプチ出張族である。

毎月、というほどではないが、地元から東京へは年に7-8回、出張がある。

これに加え、年に一回ほど、海外出張が加わる。

このおかげで例年、プレミアムポイントは2万いかないぐらいは自然と貯まっては消えていた。

 

プレミアムポイントができた当初に、どういうものか調べた記憶はあるが、

プレミアム会員達成には莫大なお金と時間がかかること、自分にはそれに対するメリットがあまりないこと、などが理由で意味のないものとして扱ってきた。

このため、その存在理由すら忘れていたのだ。

 

その時点で、自分のプレミアムポイントは19500程度。

帰りの便だけで8400ポイントもらえることがわかった。

帰ったら約28000ポイント。

今年5万ポイント達成を目指すなら残り3か月で22000ポイント。

残りの出張回数から、自費で往復しなければいけない那覇は3往復。

総額にして約20万円の費用。

そのメリットが果たしてあるのかどうか。まだよくわからなかった。

 

そんな折、帰りの便は生まれて初めて無償アップグレードでプレミアムエコノミーとなった。

・・・違う、これは違う。これはエコノミーとは天地の差がある!

国際線ではいつも寝ていると足が痛くなったものだが、そういったことは全くなく、快適に眠ることができた。

もはやSFC会員のプレミアムエコノミーアップグレード特典が、十分なメリットとしか考えられなくなったのだ。

このとき、SFC会員を目指すことが決まったのである。

ANAの戦略にまんまとはまった瞬間であった。

 


参加してます!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村